ローラ 社会貢献活動

現在は、米国ロスアンゼルスを拠点に活躍されているタレントのローラさん。 彼女がアンバサダーを務める「イヴ・サンローラン・ボーテ」が取り組む社会貢献活動に関する記事『ローラ、ABUSE(暴力)を受けた経験を明かし「どんなことが起きても自分を愛することはすごく大切」と主張』がインターネットにありました。(リンク切れになる前に、…

続きを読むread more

曖昧な記憶

妻と生活をしていて、妻の異常な言動には常に困惑させられます。 しかし、妻の言動の異常さに少しずつ慣れてくると、その異常さを冷静に分類できるようになってきます。 妻の異常な言動の主要な一つに「曖昧な記憶」があります。 妻の記憶の特徴は、以下の3つです。 ・時期が全く違う記憶 ・全く事実と反する記憶 ・存在し…

続きを読むread more

警察の提案

--- 前回からの続き --- 妻の妄想が原因で、また警察沙汰になりました。 いつものように制服の警官と刑事が来て、私と妻が別々の部屋で事情聴取を受けます。 通常なら、その後、警察署へ連行されるのですが、今回はいつもと警察の対応が違っていました。 まず、妻の事情聴取を終えると、刑事は早々と帰ってしまいました。…

続きを読むread more

偽FACEBOOKアカウント

同じビルに住む高校2年生の男子テニス部員と一緒に練習することが、なぜか気に入らない妻。 健全なスポーツでの交流も、妄想障害の妻にはいかがわしく感じられるようです。 この件が原因で、妻が暴走し、また警察沙汰になった事は、前回の投稿「合鍵 渡す」で語った通り。 妻と私は、深夜に警察署に連行されて、取り調べを受けまし…

続きを読むread more

合鍵 渡す

2022年6月20日に『妄想 小児性愛』という投稿をしました。 同じビルに住む高校2年のテニス部に所属する男子生徒A君と、テニスの練習をすることになったエピソードでした。 しかし、妻が私を「ホモの小児性愛者」だと罵った件です。 実は、これがあらぬ方向にエスカレートしたのです。 妻の罵倒を無視して、私は…

続きを読むread more