ストーカー被害 警察 対応

妻との別居中、執拗なストーカー被害に悩まされました。

深夜早朝の無言電話、エントランスでの待ち伏せ、エントランスの呼び鈴を鳴らし続け、他の住人と一緒に建物へ侵入してドアの前で待ち伏せ、職場への電話、友人たちへの嫌がらせメール、両親の家への押しかけ訪問など、嫌がらせ行為には枚挙にいとまがありませんでした。

stalking.jpg


ある日、仕事に行く前に、10ヶ月の子供を預けに両親宅へ行きました。

子供を預けて、仕事に行こうとした時、外で何か怒鳴り声が聞こえたのです。その瞬間、家のインターホンが鳴りました。

母親がインターホンに出るなり、「あっ、あの女、来たよ!」と叫んだのです。

インターホンでなくとも、怒鳴り声が聞こえます、

子供を返せ~!」と、玄関先で、何度も怒鳴っているのです。

私は、躊躇なく110番通報をし、警察を呼びました。


父親が外に出て対応し、「ちょっと落ち着け!」となだめている声が聞こえます。

私は、警察が来るまで奥の部屋で待機しているように母に告げました。外では、父と妻が怒鳴り合っているのが聞こえます。


警察がやっと到着。110番通報から10分前後でしたが、どれほど長く感じたことでしょう・・・

police officer.jpg

警察が妻をなだめて家の別室に入れ、別の警察官と私は別の部屋で経緯を説明しました。


簡易な事情聴取の後、妻は警察のパトカーで連行されました。

「旦那さん、この後、警察署まで来てくれませんか。」

こう言われて、私も、警察署へ行きました。


もう、仕事には間に合いません。上司に電話をして、事情を説明しました。上司は、私の家庭の事情を既に知っていた為、一定の理解を示してくれました。


警察署では、「地域安全課」という所に通されました。そこで、残念な事を告げられたのです。

「旦那さん、非常に申し上げにくいのですが、奥さんの行為はストーカーとして取り扱うことはできないんです。」

questioning.jpg

ええっ、妻の行為は、どれもストーカー規制法の対象になるはず・・・

婚姻が成立している限り、ストーカー行為は成立しないんですよ。

これだけの嫌がらせ行為を受けているのに、今後、どうすればいいのか警察に尋ねました。

「その都度、110番通報するしかありません。いたちごっこですが・・・ 同じ事を繰り返すことになりますが、婚姻が成立している限り、警察の対応としては、奥さんに口頭注意するだけです。強制力の無い口頭注意です。」


警察の精一杯の対応が、口頭注意だけ? 

もう、絶句です・・・


警察は、このようなケースがさらに深刻な事件となった実例を挙げて説明してくれました。この状態が、暴力事件や取り返しのつかない事件とならないようにと前置きした上で、こう言ったのです。

「差し出がましいようですが、お子さんの将来、旦那さんのこれからの人生を考えると、児童相談所に子供さんを預けて、その間に、奥さんと決着を付けた方がいいのではないでしょうか。」

この後、私は、無料法律相談や個別に弁護士と面会し、今後について助言をもらうことになったのです。


--- 次回に続く ---



離婚サポート